メニエール病の原因からわかる改善法|症状が出たら早めに治療しよう

めまいが起きる病気とは

男性

突発的にめまいが起こる病気といえば、メニエール病があげられます。これは、めまいが起こる前に、片耳に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴などの症状があらわれることがあります。このめまいはいつ起こるのかわからず、次の発作が数日後だったり、数週間後、あるいは1年後だったりします。めまいは、周りがぐるぐる回って見える回転性のもので、30分から1時間以上続いたりします。めまいが治まる頃には耳鳴りなどの症状もなくなっていきます。また、激しいめまいのため冷や汗や動悸、息切れ、吐き気などの症状が出たり嘔吐してしまうこともあります。そのため、めまいが治まってもしばらくは安静にしていなければならず、通常の生活にすぐには戻れないこともあります。

メニエール病は、内耳の中の内リンパ液が増えすぎて内リンパ水腫になったことが原因で発症します。しかし、その内リンパ液がなぜ過剰になるのか詳しい原因は、はっきりとは解明されていません。けれど最近は、その大きな原因はストレスが影響していると考えられています。メニエール病は、めまいを繰り返すごとに、それが原因で難聴が進行していきます。早めに治療をすることが必要で、それが早いほど完治が望めます。メニエール病には、特有の難聴の症状があるので、聴力検査ですぐ発見することができます。その特徴は、低い音が聞こえにくかったり音が響いて聞こえたりすることです。メニエール病の治療は、めまいを軽くする薬や内リンパ水腫を抑える薬が処方されます。

複雑な人間社会の病

病棟

人間関係が複雑となり、これだけ情報化社会が発達してしまったことによって、判断が難しいメニエール病が静かに増加しています。その原因は複雑多岐にわたりますが、知らなくてもいい情報を目にする耳にすることにより悪化する場合もありますので遮断するというのも有効な1つの手段であると知っておくといいでしょう。

詳しく見る

どのような病気か

女性

メニエール病は突然前触れもなく、めまいが起こる病気で難聴や耳鳴りを伴います。メニエール病は内耳障害によるもので、内耳の内リンパ液の増加で内リンパ水腫が起こることが原因と言われています。治療は抗めまい薬でめまいを軽くしたり、内リンパ腫を抑制して行います。

詳しく見る

内耳に不具合が起こります

医者

メニエール病は急激なめまいが起こる病気です。原因の一つに内リンパが増加し、全体的にむくむ症状が平衡感覚を狂わせてしまいます。薬物療法により自律神経を整え、むくみを解消するために血液循環薬や利尿薬で回復を目指します。

詳しく見る