メニエール病の原因からわかる改善法|症状が出たら早めに治療しよう

どのような病気か

女性

めまいを伴う

めまいと言えばメニエール病と言うイメージがありますが、脳梗塞や脳出血でもめまいが起こります。メニエール病の原因は内耳障害からくるもので、一般的に片耳の障害ですが両耳の障害の場合もあります。メニエール病の症状はめまいの他に難聴や耳鳴りも伴います。内耳にある内リンパ液が増えることから内リンパ水腫が起こり、メニエール病の原因になると言われています。そしてメニエール病の患者は先進国で多く、ストレスが原因のひとつとも考えられています。メニエール病の発作は前触れもなく、めまいに耳鳴りや難聴を伴って起こり数日ごとに起こったり、数週間ごとにあったりと個人差があり、30分から数時間ほど強いめまいが難聴や耳鳴りを伴って繰り返します。

治療するには

メニエール病の症状が起こると聴力検査を受けた場合には、低音が聞き取りにくかったり、音にエコーがかかったりと言う症状が見られます。治療するには薬物療法で抗めまい薬でめまいを軽減したり、薬で内リンパ腫を抑えたりして対応します。しかしメニエール病は完治することが難しい難病で薬でめまいを抑えることができても難聴が進んでしまうことがあります。症状が日常生活を送るのが困難なほどひどくなり、めまいが頻繁に起こるようであれば手術を行うこともあります。突然めまいに襲われると誰でもあわててしまいますが、めまいが起こっても冷静に対応し楽な姿勢で休み専門医の診察を受けるようにします。めまいの原因がメニエール病によるものか、他の病気なのか特定して治療するようにします。