メニエール病の原因からわかる改善法|症状が出たら早めに治療しよう

内耳に不具合が起こります

医者

リンパがむくんでいきます

突然の激しいめまいと共に耳鳴りや難聴を伴う病気にメニエール病があります。回転性のめまいが発症した後、耳鳴りが起こるメニエール病は、内耳周辺の不具合が原因といわれています。内耳周辺には内リンパ液と外リンパ液が薄い膜に遮られており、内リンパが増加することで皮膜を圧迫し、全体的にむくんでいきます。この状態を内リンパ水腫といい、症状が進行してくると皮膜を破り、外リンパ液と混ざりあってしまいます。成分の違うリンパが混じることで平衡感覚が崩れる点が原因に挙げられます。メニエール病は急激に起こりますが、数十分から数時間で症状が治まっては再発を繰り返します。発作症状が続くと併発した耳鳴りや難聴が回復しなくなる恐れがあります。

自律神経が乱れます

メニエール病の発症原因である内リンパ水腫を改善するためには、薬物療法を行います。血流改善薬や利尿薬を投与することで、血液の循環が良くなって内リンパのむくみを解消したり、体内の余分な水分を排出することで回復を目指します。めまいが起こると神経も興奮するため、ビタミンBにより神経の働きをサポートし、抗めまい薬や吐き気止めで気分を落ち着かせます。落ち着いて治療するためには自律神経を整える事が大切です。メニエール病を引き起こさないためには日頃から生活習慣を整えておきましょう。慢性的な睡眠不足や暴飲暴食は体に負担を掛け、日頃のストレスが原因で発症することもあります。気分転換をしながら運動不足を解消することで、不具合を未然に防ぐことができます。